›January 08, 2007

沙面・租界建築群/広州122

Category: ・広東省広州'04-5 / 4 Comments: Post / View / 0 TrackBack

2005年1月4日 廣州市茘湾区沙面

実はこの沙面界隈,いつも車で通るだけで,ゆっくり歩くのは10年ぶりになります。
この沙面はアヘン戦争後,英仏の租界だったところで,多くのコロニアル様式の建築が残り,保存・利用されております。

その時の記憶はほとんどとんでるし,今回は散歩をしつつ画像採取を,と考えておりましたが,カジュマルなどの樹々や障害物に阻まれて,この時持っていたデジカメ(一眼レフは重いので置いてきた)の広角域では撮れないことが判明。
けっきょく現地の知人たちも一緒だったので,ほとんど足も止めず,歩きながらスナップするだけに留まりました。

blog543.jpg

今回は建物の建築年度や名称,由来などには言及せず,幾葉かの画像のみでご紹介させていただこうと存じます。

blog544.jpg

blog545.jpg

blog546.jpg

blog547.jpg

blog548.jpg

blog549.jpg

次回からは,沙面界隈を散歩中に見かけたものや,かの「ホワイトスワンホテル(白天鵝賓館)」の中や「ビクトリーホテル(広州勝利賓舘)」の飲茶(料理編はこちら)などをご紹介致します。

/Guangzhou/panyu2004-5(105)

Comments

 遅ればせながら新年おめでとうございます。

 沙面は写真で見るとかなりいい感じの街並みですね。実際他の広州市内と比べると奇麗でいいところなんですが。
 最近は沙面以外でも古い建築物を奇麗にしているところが出てきています。広州の新しい観光名所になるのでしょうか・・・。

Posted by: sonnet at January 8, 2007 07:26 AM

sonnetさま

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いもうしあげます。
(「Oh my darling, oh my darling,
My darling Clementine〜♪」の節の「新年好,新年好〜♪」が耳について離れません)

かつては上下九路近くや北京路界隈にもイイカンジの建築が多かったですね。
天河電脳城脇の「石牌」の門がいつ壊されるか不安でたまりません。

Posted by: れいるどっぐ at January 9, 2007 02:30 AM

『ジングルベル』のメロディーにのせたものもあります。
♪新年好 新年好 大家新年好〜♪
もうなんでもアリですから…。

Posted by: ひろ at January 11, 2007 04:26 PM

ひろさま

日本でも"Oh, my darling・・・"は「雪山賛歌」になってますし(不謹慎?)
一昔前ですが,従化のカラオケで「バスストップ」という日本の昔の歌が全然違う内容の中国語の唄に変わってましたが,ロイヤリティは払われてないでしょうね。。。

※邦楽は全くわからないので,ぐぐってみたら→平浩二という人の1972年のヒット曲でした。
どっからパクってくんねん!(笑)

Posted by: れいるどっぐ at January 12, 2007 06:28 PM
Post a comment












Remember personal info?