›February 03, 2007

沙面〜清平市場〜黄沙/広州126

Posted by raildog at 09:05 PM / Category: ・広東省広州'04-5 / 7 Comments

2005年1月4日 廣州市茘湾区

珠江
ホワイトスワンホテル裏,珠江側。
私が河に落ちそうになるのも無理はないような??誰も落ちないのが悔しい。
珠江界隈は以前ご紹介したように,夜はライトアップされて,「恋人たちのプロムナード」(昭和風)と化します。
珠江の夜景は,ナイトクルーズと併せて後日アップさせていただきます。

大砲
阿片戦争
アヘン戦争の際に使われた大砲が保存されています。

blog573.jpg
沙面小学校の裏には碑文が。。。
この子達も読めるのかな。

清平市場
漢方
漢方薬市場
沙面から地下鉄の黄沙駅に行く途中には,生薬や漢方薬材料などを扱う「清平市場」があります。
フカヒレや燕の巣,干し貝柱も店で買うよりかなり安いようです。
見ているだけで楽しいですが,納品作業などの邪魔にならないように。
(よそ見してて,カートを蹴っ飛ばしてしまった)


この先に地下鉄黄沙駅がありますが,当時は入り口がちょっとわかりにくく,とちゅうでおっちゃんに訊きました。貯金して地図買わないと。。。

/Guangzhou/panyu2004-5(109)

›January 29, 2007

飲茶・廣東勝利賓館英華廳/広州125

2005年1月4日 廣州市茘湾区沙面

ビクトリーホテル
久々に来た「広東勝利賓館(Guangdong Victory Hotel)」の二階にある「英華廳」。
前回は,ディナーでしたが,今回はここで初飲茶になります。

最近は,昼でも飲茶のできる店が増えたような気がします。
(飲茶のできる店の絶対数は明らかに減りましたが)

猪脚姜
さっと,画像だけご紹介させていただきますが,特筆すべきは私がハマっている「甜醋猪脚姜」。
タマゴとトンソクを,ショウガと黒酢で煮込んだ,栄養たっぷり(妊婦さんに特によいとか)の料理です。

名称も店によってまちまち,タマゴも殻付きのまま煮込んだもの以外に,剥いたゆで卵の場合もあります。
この時は最後の一皿で,猪脚が少なかったのでタマゴを二個入れてくれました。
>>>既出の猪脚姜

三種盛り

blog564.jpg

blog566.jpg

blog567.jpg

blog568.jpg

blog569.jpg

他にお粥も頼んでお会計は4人で110元(一人当たり約342円=当時)。
猪脚姜が「超点」だったのが痛い。。。

☆廣東勝利賓館・英華廳
広州市茘湾区沙面北街53号號
Phone;020-81861062

/Guangzhou/panyu2004-5(108)

›January 19, 2007

ホワイトスワンホテルと星級と中国のトイレ・・・/広州124

Posted by raildog at 03:24 AM / Category: ・広東省広州'04-5 / 12 Comments

2005年1月4日 廣州市茘湾区沙面

White Swan Hotel
さて,いままで何度も素通りしてきた『広州白天鵝賓館(ホワイトスワンホテル)』の中に入ってみることに。中国五大ホテルのうちのひとつだそうです。(入口だけみたら普通?)

この1年後には,北朝鮮の金正日総書記も泊まったことでさらに有名に。


五星級ホテル
中国の主なホテルは,ミシュランのように1〜5個の星で評価され,各ホテルの入口やフロントなどにエンブレムで表示されています。
ここは当然「五つ星」です。

余談ですが,私はいつも星の無い民居みたいなところに泊まっているので,過去の最高で三つ星までしか経験しておりません。

なかには「日本人や西洋人が勝手に誤解してくれへんかなー」オーラを放っている,バッタもんのホテルもあります。
北京のホテル
北京某ホテル(星無し)にて


ホワイトスワンホテルのエントランス
エントランス附近の記撮ポイント。さすが手入れも行き届いてます。


さて,このブログでは,意図的にトイレネタは避けて参りましたが,遂に!中国のトイレの画像をアップします。抵抗のある方は,スクロールしないように↓




















中国のトイレ
・・・・。チリひとつ落ちてません。私の部屋よりキレイ

北京の星級トイレ
トイレといえば,最近は北京のトイレも星で等級わけされてます。
判定する人たちが,真顔でチェックしまわってる&される方が緊張した面持ちで見守ってる絵を想像して笑ってしまふ。

【関連ネタ】
>>>五つ星シリーズマンション編(五星級的家)
>>>ホワイトスワン・沙面界隈の夜景@2002年編

では次回はこの近くの『広州勝利賓舘(ビクトリーホテル)』の飲茶をご紹介致します。
好物の「姜醋猪脚蛋」を発見。

/Guangzhou/panyu2004-5(107)

›January 09, 2007

沙面散策/広州123

Posted by raildog at 03:54 AM / Category: ・広東省広州'04-5 / 12 Comments

2005年1月4日 廣州市茘湾区沙面

中国の結婚写真
沙面を散歩すると,必ず出会う風景です。
私はスタジオで2度撮ったことがありますが,けっこう目線やポーズ指定が恥ずかしかったです。
ましてや屋外,公衆の面前で撮る度胸は私にはありませんが,出来は期待できそうです(被写体はともかく)。

沙面の子供たち
昔の日本もこうだったのか。。。店の前で遊ぶ土産物屋のこどもたち。
さすがに英語も流暢でした。

変な日本語Tシャツ
西洋人が好んで買いそうな,オフィシャルものよりポイントが高い?バッタもんのHardRock CafeのTシャツ。
ちなみに広州には2003年まで,実際に「ハードロックカフェ」がありました。
>>>バッタもんのハードロックカフェ陽朔

shamian

shamian gallery

中国の郵便ポスト

では次回,あの某国将軍様が泊まった,例のホテルへ...

/Guangzhou/panyu2004-5(106)

›January 08, 2007

沙面・租界建築群/広州122

Posted by raildog at 03:27 AM / Category: ・広東省広州'04-5 / 4 Comments / 0 TrackBack

2005年1月4日 廣州市茘湾区沙面

実はこの沙面界隈,いつも車で通るだけで,ゆっくり歩くのは10年ぶりになります。
この沙面はアヘン戦争後,英仏の租界だったところで,多くのコロニアル様式の建築が残り,保存・利用されております。

その時の記憶はほとんどとんでるし,今回は散歩をしつつ画像採取を,と考えておりましたが,カジュマルなどの樹々や障害物に阻まれて,この時持っていたデジカメ(一眼レフは重いので置いてきた)の広角域では撮れないことが判明。
けっきょく現地の知人たちも一緒だったので,ほとんど足も止めず,歩きながらスナップするだけに留まりました。

blog543.jpg

今回は建物の建築年度や名称,由来などには言及せず,幾葉かの画像のみでご紹介させていただこうと存じます。

blog544.jpg

blog545.jpg

blog546.jpg

blog547.jpg

blog548.jpg

blog549.jpg

次回からは,沙面界隈を散歩中に見かけたものや,かの「ホワイトスワンホテル(白天鵝賓館)」の中や「ビクトリーホテル(広州勝利賓舘)」の飲茶(料理編はこちら)などをご紹介致します。

/Guangzhou/panyu2004-5(105)

 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  12 |  13 |  14 |  15 |  16 |  17 |  18 |  19 |  20 |  21 |  22 | All pages