›August 04, 2006

麗江玉水寨/麗江7

Posted by raildog at 02:52 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 6 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・麗江玉水寨旅游景区

云坪杉から「玉水寨(Jade Water Village)」という施設に移動しました。
こちらも「国家AAAA級旅游区」です(←これってフォーエーって読むのでしょうか)

Jade Water Village
あっさりと画像で紹介。もう水や空や空気がどんなにキレイでも驚きません。

トンパ
壁もアートしてます。

worshipping the God of nature
「祭自然神」。納西の自然神が祭られてる神聖な場所のようです。
(巨大なお世話ですが,雲南では各所に神聖な場所があるので,私のように徘徊癖のある方はご注意ください)

鯉?
ここにもいっぱい鯉が。鯉は広東省でも大量に見ることができます。

>>>余蔭山房編
>>>寶墨園編

花@雲南
photograph by ちゃいなりっぷる
おっと,キャラ違いの画像で驚かれました?

/Yunnan2006(7)

›July 28, 2006

ナシ&モソ系みやげもの屋/麗江6

Posted by raildog at 03:46 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 8 Comments / 0 TrackBack

2006年5月1日 雲南省麗江・玉龍雪山風景名勝区

ナシ族の土産物店
雪山は見慣れてきたので自然に土産物店の佇まいに眼が向く私。
・・・でも何か買ったためしはありませんが。

納西族のみやげものや

摩梭人家
「摩梭人(モソ人)家」という看板を出してる店も。
(カンバンのぶんだけ減点)

ちなみに「モソ人」とは少数民族として公認されてない人々で(だから「モソ族」ではなく「モソ人」なわけですね),ルーツはモンゴル族説,チベット族説,ナシ族説と諸説あって,どの民族の傍系かは,結論がでていないようです。

「モソ人」につきましては,画像をまじえて『ルーグー湖』にて。。。

東巴拉高原葯材
クルマは当然,「お約束」の土産物センター?に寄ります(背景の空が広州と違いますね)。
ガイドさん(ナシ族)から,何か串焼きを貰いましたが,めちゃ辛かったです。

中国のトイレ1
敷地内にあったトイレ。なかなかキレイでした。

/Yunnan2006(6)

›July 19, 2006

云杉坪/麗江5

Posted by raildog at 02:49 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 10 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・玉龍雪山風景名勝区

云杉坪記念撮影ポイント
photograph by ちゃいなりっぷる

標高3208mの云坪杉,ここが定番観光ポイントのようです。
遠くからみたら,「少数民族記撮押売少女隊」のみなさん(謎)かと思いましたが,衣装を借りて(有償)記念撮影ができるようになってました。

少数民族の衣装
望遠レンズで失敬。
私がやると,オゾマシイしのでパスしました。

玉龍雪山撮影定番ポイント
ここが玉龍雪山スナップの定番ポイントです。
他人と被るアングルには興味がないのですが,ネタということで一枚。

光線状態がよくなかったですが,あとできいたら「玉龍雪山が見えてるだけ運が良い」そうです。

ヤク
離れた場所には,これまた記撮用ヤクが。


リフトで降りる際は玉龍雪山側に障害物がないので,撮影しながら降りることができます。
昇りの際は,障害物も入るし,なにより腰をおもいっきり捻って振り返らないといけないので,天候が許せば「下り」に賭すのもよろしいかと。

動きながら,しかもテレ側なので,動態ブレ。。。

玉龍雪山アップ1

玉龍雪山アップ2

玉龍雪山アップ3

リフトを降りると,土産物店の佇まいも楽しいです。

/Yunnan2006(5)

›June 05, 2006

そこは「ほぼ」天然樹林。/麗江4

Posted by raildog at 03:50 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 4 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・玉龍雪山風景名勝区

Spruce Meadow

リフトを降りると,そこは自然の状態の樹々であふれてます。
空港からここに来るまでに見た限りでは,雲南省は針葉樹が多いようです。

云杉坪
なにせ自然のまま保存しているので,観光客はこの路から外れてはいけません・・・でも『3フィートライン内はセーフ』と思ってる人がけっこういました(泣)

雲杉坪針葉樹
「私のコンデジ,広角域が撮れません」の好例。

地磁気異常
さすが,UFOの目撃頻発地域だけあって,樹も変った生え方をしてます。

岩
岩から生えてみました。
例によって岩に文字が彫られてるので,恰好の記撮スポットに。
(→トンパ文字でないところは減点)

倒木
樹の寿命が尽きても,朽ちるに任せる,という保存スタンス。

野生の花
直径1cmぐらいの花が咲いてます。
すいません,花は「チューリップとそれ以外」という区別しかつかないので,ご存知の方がいらっしゃったら,名前をご教示ください。

トンパ文字
今回,はじめて眼に触れた東巴(トンパ)文字は,ここの休憩スペースのものでした。
意味はたぶん・・・


「冷やし中華はじめました」。

/Yunnan2006(4)

›May 27, 2006

玉龍雪山風景区云杉坪索道/麗江3

Posted by raildog at 03:43 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 4 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・玉龍雪山風景名勝区

云杉坪土産物店

玉龍雪山風景区のいくつかのポイントのうち,けっこうメジャーな「云杉坪(雲杉坪)」というポイントへ向かいました。リフトで登るのですが,当然朝は「激パ」になって1〜3時間の待ち時間が発生するそうです。

で,ちょうどコレぐらいの時間(14時過ぎでした)が狙い目となるわけです。

玉龍雪山警備

「玉龍雪山はオレが守る!」の絵。

懸魚

「玉龍雪山国家重点風景名勝区」の入口。ゲートにもしっかり「懸魚」が。
(「懸魚」については後日特集をば)

云杉坪索道

実は既に少し頭痛が〜自信があったので,酸素ボンベ(15元)は用意してませんでした。
転ばぬ先のなんとやら,で同好の方に高山病の薬をわけていただきました。

アメリカ製リフト(往復40元)で高原にのぼります。
高低差は約300mですが,延長は約1km。
上着を持ってたほうが安心です。

/Yunnan2006(3)

 1 |  2 |  3 | All pages