›September 17, 2007

麗江12

Posted by raildog at 03:42 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 2 Comments / 0 TrackBack

世界遺産麗江の民居「林家客桟/」の画像と情報はこちらへ移転致しました。

/Yunnan2006(12)

›October 29, 2006

東巴万神園アート編/麗江11

Posted by raildog at 03:30 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 10 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・東巴万神園

愛神縁
ナシ族は,トンパ文字やトンパ絵でわかるように,優れた芸術性を持った民族だと思ってましたが,ここでもさまざまなアートに臨むことができました。

「愛神縁」と漢字とトンパ文字で併記されてる(たぶん)スペース。
縁結び系らしいですが,聞き流してたので,さだかではありません。

このあたりで寒さと嘔吐感で体調が最悪になり,根性だけで画像を納めてました。

不調の原因は,当初「高山病」と思ってましたが,よく考えてみると,そんな繊細なもんではなく・・・メシを喰った直後から,移動の際はバンの中で仰向けに寝て,悪路の振動にさらされ・・・もともと閑職とはいえ,長期休暇を取るために無理をしたのが祟り・・・胃の消化作用も鈍ってたと思われ・・・

直訳したら,「車に酔った」のが正解のようです。(;`∀´)

ネタに困った漫画家が,ここを一周したらいろいろ(インスパイアされて)キャラクターを生み出せそうです。

blog_0208.jpg

blog_0210.jpg

blog_0211.jpg

blog_0212.jpg

blog_0214.jpg

ガンモ生誕の碑。

/Yunnan2006(11)

›October 18, 2006

東巴万神園・よろず神かく語りき/麗江10

Posted by raildog at 02:39 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 6 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・東巴万神園

東巴万神園

次に立ち寄ったのは,「東巴万神園」。
既に夕暮れ間近で急に冷え込んできて,さらに露出も厳しくなってきました。
(画像はレタッチして少し明るくしております)

この時間になると,観光客もまばら・・・てゆーか,スタッフしかみかけないし。

東巴万神園1
東巴万神園2
記念撮影隊も撤収済み。

東巴万神園3
東巴万神園4
霊界?を表していると施設のガイドさんが言ってたような気がしますが,こんなに酸素が薄く,寒くて,暗くて,さらにヒトケがないと,ほんとに現世とは思えませんでした(嘘)

この先に(撮影禁止)トンパ教の最高位の人がいるということで,案内されましたが(おそらく麗江のいたるところに長老がいると思われますが),案外若い人で意外に思えました。

ここで個々にありがたいお言葉を頂戴するわけですが・・・

彼「このアイテムを買ったら,もれなく私のパワーが伝わるぞよ。はい,200元ね」

我々「(゚゚)イラネ。はい,10元。」

彼「・・・。おまいら・・・私のゆうてることわかってるん?」

我々「わかってるけど,払うの自由やろ。はい,10元。」

彼「もう一回いうよ」

我々「じゃ9元。」


早々にこの場をあとにしましたが,バチが当たったようで,急激に私の体調が・・・(続)

東巴万神園売店
展示物ではないけれど,イイカンジの売店。

カントのついた家
地震のせいなのか,実力なのか不明ですが,傾いてます。

東巴万神園民家
トンパ民家
社宅?スタッフの人たちの住居もポイント高いです。

後半,体調が悪くて写真を撮るのも辛かったのですが,施設のガイド君も愛想がよく,シュールなオブジェもてんこもりで,ココ,おすすめです。

たぶん入場20元,ガイド40元だったと思います。
次回は,園内のアートをご紹介したいと思います。

/Yunnan2006(10)

›September 20, 2006

納西族民居/麗江9

Posted by raildog at 03:35 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 2 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・麗江玉水寨旅游景区

少数民族民居
施設内には住居も保存されています・・・


ナシ族民居
と思ったら・・・

ナシ族の老人
人が住んでました(中国ではありがち)

ナシ族の祭壇

ヤク
庭に独り寂しくたたずんでいたポチ。

blog502.jpg
中央にそびえるアニヲタが喜びそうなオブジェは,麗江が世界遺産に認定された記念だそうです。

露店
出口付近の「物産販売センター」。

※民居内の画像はストロボ使用せず,高感度撮影後,レタッチしたものです


さらにディープな施設へ移動します。
しかし,ここから私の体調が急変・・・写真は残せたのか??

/Yunnan2006(9)

›August 26, 2006

癒しの園,脱力の構図/麗江8

Posted by raildog at 03:02 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 10 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・麗江玉水寨旅游景区

納西族のおじさん
線香を焚いてたおじさん。

「おっちゃん,写真撮ってええ?」
「ええけど,おっちゃんなんか撮ってどないすんねん」

という会話が成立しそうな,やわらかい雰囲気のおっちゃんでした。

トンパ文字
トンパ文字を書いてるお兄さん(ひょっとしたらオジサンかもしれませんが,年齢の見当がつかない)。

快く写真を撮らせてくれましたが,一緒にトンパ文字も書いてプレゼントしてくれました!
書いてるとこを撮ればよかった・・・

ナシ族の少女
施設内をガイドしてくれた女の子。
いつも思いますが,中国の観光施設のガイドさん,男女にかかわらず,みな親切で気持ちのいい人ばかりだと思います。いまだハズレなし。

以上,人物画像はすべて許可を得て撮影(女性はあえて少し小さめの画像にしました)

トンパ神?
あぁ・・・癒される(;´Д`)

虎
力抜けすぎてて,逆に怖いぞ。
中学の時,クラスで張子の虎を作ったのを思い出しました。

すまん!
すまん!

神
アートしてます。帽子の顔がポイントです。
でも,夜に遭遇したら,心臓止まりそう。

オマケ↓

鯉
あ,あんたら,ほんまは鯉とちゃうやろ((;゚Д゚)

/Yunnan2006(8)

›August 04, 2006

麗江玉水寨/麗江7

Posted by raildog at 02:52 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 6 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・麗江玉水寨旅游景区

云坪杉から「玉水寨(Jade Water Village)」という施設に移動しました。
こちらも「国家AAAA級旅游区」です(←これってフォーエーって読むのでしょうか)

Jade Water Village
あっさりと画像で紹介。もう水や空や空気がどんなにキレイでも驚きません。

トンパ
壁もアートしてます。

worshipping the God of nature
「祭自然神」。納西の自然神が祭られてる神聖な場所のようです。
(巨大なお世話ですが,雲南では各所に神聖な場所があるので,私のように徘徊癖のある方はご注意ください)

鯉?
ここにもいっぱい鯉が。鯉は広東省でも大量に見ることができます。

>>>余蔭山房編
>>>寶墨園編

花@雲南
photograph by ちゃいなりっぷる
おっと,キャラ違いの画像で驚かれました?

/Yunnan2006(7)

›July 28, 2006

ナシ&モソ系みやげもの屋/麗江6

Posted by raildog at 03:46 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 8 Comments / 0 TrackBack

2006年5月1日 雲南省麗江・玉龍雪山風景名勝区

ナシ族の土産物店
雪山は見慣れてきたので自然に土産物店の佇まいに眼が向く私。
・・・でも何か買ったためしはありませんが。

納西族のみやげものや

摩梭人家
「摩梭人(モソ人)家」という看板を出してる店も。
(カンバンのぶんだけ減点)

ちなみに「モソ人」とは少数民族として公認されてない人々で(だから「モソ族」ではなく「モソ人」なわけですね),ルーツはモンゴル族説,チベット族説,ナシ族説と諸説あって,どの民族の傍系かは,結論がでていないようです。

「モソ人」につきましては,画像をまじえて『ルーグー湖』にて。。。

東巴拉高原葯材
クルマは当然,「お約束」の土産物センター?に寄ります(背景の空が広州と違いますね)。
ガイドさん(ナシ族)から,何か串焼きを貰いましたが,めちゃ辛かったです。

中国のトイレ1
敷地内にあったトイレ。なかなかキレイでした。

/Yunnan2006(6)

›July 19, 2006

云杉坪/麗江5

Posted by raildog at 02:49 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 10 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・玉龍雪山風景名勝区

云杉坪記念撮影ポイント
photograph by ちゃいなりっぷる

標高3208mの云坪杉,ここが定番観光ポイントのようです。
遠くからみたら,「少数民族記撮押売少女隊」のみなさん(謎)かと思いましたが,衣装を借りて(有償)記念撮影ができるようになってました。

少数民族の衣装
望遠レンズで失敬。
私がやると,オゾマシイしのでパスしました。

玉龍雪山撮影定番ポイント
ここが玉龍雪山スナップの定番ポイントです。
他人と被るアングルには興味がないのですが,ネタということで一枚。

光線状態がよくなかったですが,あとできいたら「玉龍雪山が見えてるだけ運が良い」そうです。

ヤク
離れた場所には,これまた記撮用ヤクが。


リフトで降りる際は玉龍雪山側に障害物がないので,撮影しながら降りることができます。
昇りの際は,障害物も入るし,なにより腰をおもいっきり捻って振り返らないといけないので,天候が許せば「下り」に賭すのもよろしいかと。

動きながら,しかもテレ側なので,動態ブレ。。。

玉龍雪山アップ1

玉龍雪山アップ2

玉龍雪山アップ3

リフトを降りると,土産物店の佇まいも楽しいです。

/Yunnan2006(5)

›June 05, 2006

そこは「ほぼ」天然樹林。/麗江4

Posted by raildog at 03:50 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 4 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・玉龍雪山風景名勝区

Spruce Meadow

リフトを降りると,そこは自然の状態の樹々であふれてます。
空港からここに来るまでに見た限りでは,雲南省は針葉樹が多いようです。

云杉坪
なにせ自然のまま保存しているので,観光客はこの路から外れてはいけません・・・でも『3フィートライン内はセーフ』と思ってる人がけっこういました(泣)

雲杉坪針葉樹
「私のコンデジ,広角域が撮れません」の好例。

地磁気異常
さすが,UFOの目撃頻発地域だけあって,樹も変った生え方をしてます。

岩
岩から生えてみました。
例によって岩に文字が彫られてるので,恰好の記撮スポットに。
(→トンパ文字でないところは減点)

倒木
樹の寿命が尽きても,朽ちるに任せる,という保存スタンス。

野生の花
直径1cmぐらいの花が咲いてます。
すいません,花は「チューリップとそれ以外」という区別しかつかないので,ご存知の方がいらっしゃったら,名前をご教示ください。

トンパ文字
今回,はじめて眼に触れた東巴(トンパ)文字は,ここの休憩スペースのものでした。
意味はたぶん・・・


「冷やし中華はじめました」。

/Yunnan2006(4)

›May 27, 2006

玉龍雪山風景区云杉坪索道/麗江3

Posted by raildog at 03:43 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 4 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・玉龍雪山風景名勝区

云杉坪土産物店

玉龍雪山風景区のいくつかのポイントのうち,けっこうメジャーな「云杉坪(雲杉坪)」というポイントへ向かいました。リフトで登るのですが,当然朝は「激パ」になって1〜3時間の待ち時間が発生するそうです。

で,ちょうどコレぐらいの時間(14時過ぎでした)が狙い目となるわけです。

玉龍雪山警備

「玉龍雪山はオレが守る!」の絵。

懸魚

「玉龍雪山国家重点風景名勝区」の入口。ゲートにもしっかり「懸魚」が。
(「懸魚」については後日特集をば)

云杉坪索道

実は既に少し頭痛が〜自信があったので,酸素ボンベ(15元)は用意してませんでした。
転ばぬ先のなんとやら,で同好の方に高山病の薬をわけていただきました。

アメリカ製リフト(往復40元)で高原にのぼります。
高低差は約300mですが,延長は約1km。
上着を持ってたほうが安心です。

/Yunnan2006(3)

›May 20, 2006

麗江市街へ/麗江2

2006年5月1日 雲南省麗江・古城区香格里大道

麗江市内

食事のために古城近くへ移動しました。
テレ側で撮ると,いっそう雪山が迫ってみえます。
けっこう普通のカッコウした人たちばかりでしたが,一瞬「イイカンジ」の方々が通りかかられたので,撮影。

交警

麗江界隈はポリスボックスやこの交通警官用ボックスも散見されました。
広州市内にも欲しいところです。
この2カットは下の「泰鑫酒店」の前で撮影しました。

泰鑫酒店TAIXIN HOTEL

泰鑫酒店/TAIXIN HOTEL(麗江古城区香格里大道)
このホテル(一応,三星級ですが)の「食堂」で昼食・・・

食堂内部
豪華八菜

中国国内ツアーは経験済みだったので,「スープ付き,おかず8品保証」というのには馴れておりましたが・・・ふと思ったのは

普通の人日本人ツアーの人らはどんなもん食べてるんやろ?」

でした。

右下のちょっと「東坡肉(dongpo rou)」ちっくな豚肉は似て非なるモノです。
かなり脂分がぁ(´・ω・‘)

のちに料理の内容など問題とならないようなことが起こるのですが,それは後述。
いずれにせよ,雲南省編では料理関係はあっさり流します(キッパリ)。

さて,食後はいきなり『玉龍雪山』へ。

/Yunnan2006(2)

›May 18, 2006

麗江三義空港/麗江1

Posted by raildog at 03:48 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 4 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・麗江空港

麗江空港
麗江空港内部

ここからは今回初めて訪問した雲南省の私的備忘録です。

一行は中国人3人(うち2人が雲南旅行経験者)+日本人が私ともう御一方(おひとかた)。
この方は御在職中に中国を幾度も訪問され,さらに大連に留学のご経験もあり,現在も中国語会話教室で中国語を学んでおられるので,中国語がダメなのは私だけということです(猛省)。

まずは空港ですが,こんなカンジです。
私の既訪の空港(中国語圏)は「香港啓徳国際空港」「広州旧・白云国際空港」「〃新・白云国際空港」「海口美蘭空港」「桂林両江国際空港」だけだったのですが,この中ではイチバン小さいような気が致しました。

麗江空港外観

外観は屋根が特徴的・・・私見ですがシンメトリーにこだわっているような気がしました。

麗江旅游
ナシ族ガイド群

空港前の迎えの人たちの中にも,ナシ族の民族衣装を着たガイドさんが多く,撮影したかったのですが,残念ながら我々のガイドさん(ナシ族女性)はジーンズでした・・・_| ̄|○

ナシ族民家

移動の車窓より・・・手前がなんとなく観光施設(あるいは土産モノ屋)ぽかったけど,「ナシ族の集落」と信じることに決定。

雪山

続いて見えてきたのは,雲南の高山と田園風景。
数日の滞在で,民族衣装とともに,あとでしっかり見飽きることにすっかり馴染みました。

当初,ここから「十八湾」(後述)にいく予定でしたが,予想通り急に予定が変わり,「玉龍雪山」方面に行くことに。

その前に市内で食事ですが,これも予想にたがわず・・・(続)

/Yunnan2006(1)

 1 |  2 |  3 | All pages