›October 29, 2006

東巴万神園アート編/麗江11

Posted by raildog at 03:30 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 10 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・東巴万神園

愛神縁
ナシ族は,トンパ文字やトンパ絵でわかるように,優れた芸術性を持った民族だと思ってましたが,ここでもさまざまなアートに臨むことができました。

「愛神縁」と漢字とトンパ文字で併記されてる(たぶん)スペース。
縁結び系らしいですが,聞き流してたので,さだかではありません。

このあたりで寒さと嘔吐感で体調が最悪になり,根性だけで画像を納めてました。

不調の原因は,当初「高山病」と思ってましたが,よく考えてみると,そんな繊細なもんではなく・・・メシを喰った直後から,移動の際はバンの中で仰向けに寝て,悪路の振動にさらされ・・・もともと閑職とはいえ,長期休暇を取るために無理をしたのが祟り・・・胃の消化作用も鈍ってたと思われ・・・

直訳したら,「車に酔った」のが正解のようです。(;`∀´)

ネタに困った漫画家が,ここを一周したらいろいろ(インスパイアされて)キャラクターを生み出せそうです。

blog_0208.jpg

blog_0210.jpg

blog_0211.jpg

blog_0212.jpg

blog_0214.jpg

ガンモ生誕の碑。

/Yunnan2006(11)

›October 18, 2006

東巴万神園・よろず神かく語りき/麗江10

Posted by raildog at 02:39 AM / Category: ・雲南省麗江'06 / 6 Comments

2006年5月1日 雲南省麗江・東巴万神園

東巴万神園

次に立ち寄ったのは,「東巴万神園」。
既に夕暮れ間近で急に冷え込んできて,さらに露出も厳しくなってきました。
(画像はレタッチして少し明るくしております)

この時間になると,観光客もまばら・・・てゆーか,スタッフしかみかけないし。

東巴万神園1
東巴万神園2
記念撮影隊も撤収済み。

東巴万神園3
東巴万神園4
霊界?を表していると施設のガイドさんが言ってたような気がしますが,こんなに酸素が薄く,寒くて,暗くて,さらにヒトケがないと,ほんとに現世とは思えませんでした(嘘)

この先に(撮影禁止)トンパ教の最高位の人がいるということで,案内されましたが(おそらく麗江のいたるところに長老がいると思われますが),案外若い人で意外に思えました。

ここで個々にありがたいお言葉を頂戴するわけですが・・・

彼「このアイテムを買ったら,もれなく私のパワーが伝わるぞよ。はい,200元ね」

我々「(゚゚)イラネ。はい,10元。」

彼「・・・。おまいら・・・私のゆうてることわかってるん?」

我々「わかってるけど,払うの自由やろ。はい,10元。」

彼「もう一回いうよ」

我々「じゃ9元。」


早々にこの場をあとにしましたが,バチが当たったようで,急激に私の体調が・・・(続)

東巴万神園売店
展示物ではないけれど,イイカンジの売店。

カントのついた家
地震のせいなのか,実力なのか不明ですが,傾いてます。

東巴万神園民家
トンパ民家
社宅?スタッフの人たちの住居もポイント高いです。

後半,体調が悪くて写真を撮るのも辛かったのですが,施設のガイド君も愛想がよく,シュールなオブジェもてんこもりで,ココ,おすすめです。

たぶん入場20元,ガイド40元だったと思います。
次回は,園内のアートをご紹介したいと思います。

/Yunnan2006(10)

›October 05, 2006

曁南大学構内散歩/広州117

Posted by raildog at 03:21 AM / Category: ・広東省広州'04-5 / 4 Comments

2005年1月3〜4日 廣州市天河区・曁南大学

中国の大学
今年(2006年11月16日)創設100周年を迎える「曁南大学(Jinan University)」の構内を散策してみました。
近所の師範大学等に比べたら,広いとはいえませんが,はじめて訪問した1994年以来,けっこうウロウロしてるのですが,大半が未踏破です。

この路も,師大に比べたら,かなり狭いのですが,最初は圧倒されました。
(後年,師大を徒歩で縦断する機会があり,悶絶)

余談ですが,日本では風邪も引かない私ですが,ここの付属医院(現・広州華僑医院)で入院1度,点滴は数知れず体験しております。

曁南大学第一食堂
一瞬,体育館とマチガイそうな「第一食堂」。
イスもテーブルも近代的で,ブロガー的にはポイント低いです(不謹慎)

曁南大学第三食堂
ロナウジーニョもジェイ・チョウも,当然F4もいないペプシの看板がレアな第三食堂。

ゲートボール
構内のいたるところであらゆるスポーツが行われてますが,日本の大学ではゲートボールは見れないような。
(但し,野球に遭遇する確率は限りなく低いです)

付属小学校
大学内の住宅「曁南花園」付近にある「附属小学校」。

電話室
電話室看板
こちらは電話室です。
昔,まだ家庭に電話が普及していない頃(申し込んでもなかなか工事が廻ってこない等),毎晩ここから故郷や恋人に電話をかける学生だちの長打の列が出来ていたそうです。
私もここから電話を何度ももらったことがありますが,周囲の熱気が伝わってきてました。

私の初訪問の頃は,都市部のほとんどの家庭に電話が引かれていて,さらにケータイはモトローラの「マイクロタック-2」やノキアが主流でした。
(私は当時,5年ぐらい使い倒している初期型マイクロタックだったので完敗)

現在でも使われているのか???でもたまに屋外の公衆電話を使ってる人を見かけます。

住宅
まだ一部残っている,古い住宅。
最初は,大学構内になぜ住宅があるのか悩みました。

今回掲載した風景は,2006年時点で現存しておりますが,いつ消えるかわかりません。
いきなり更地になるのは珍しくないのですが(馴れた),驚いたのはいつのまにかスタジアムの観客席の方向が90度変っていたことです。

ありえね〜(´Д⊂

その他曁南ネタ。
>>>北門付近
>>>五山路・中山大道・師範大学方向
>>>隣接する市場
>>>石牌東路方面
>>>構内のレストランその1
>>>地下鉄三号線・最寄駅の工事風景

/Guangzhou/panyu2004-5(100)